技術ミーティングが開かれました(M-CIM 研究会)

2018.10.22

当社代表が副会長を務めるM-CIM研究会では、第7回技術ミーティングが開催されました。 主催 任意団体M-CIM研究会 場所 東京都中央区 当社からは、補修技術室室長の森川洋介が講師として「3次元モデルの活用」の発表をし、 3D計測、マイクロソフト「ホロレンズ」の活用、橋梁点検ロボット、構造物維持管理等の技術発表があり、ICT技術を学ぶことができました。 ・開会挨拶 M-CIM 研究会代表 中馬 勝己 ・Microsoft HoloLense の活用について ㈱補修技術設計 中馬勝己 氏 ・レーザースキャナーとPhotoScan の活用例 株式会社フジテック 新家直之 氏 ・GyroEye Holo による土木・建設現場での3D データ活用 株式会社インフォマティクス 黒坂文生 氏 ・次元モデルの活用 山陽ロード工業株式会社 森川洋介 氏 ・話題提供(3 次元関連及び橋梁点検ロボット) 株式会社ジビル調査設計 毛利茂則 氏 ・コンクリート構造物の非破壊検査 前日本大学清算工学部教授 栁内睦人 氏 ・橋梁関連取材報告 橋梁通信社 阿部清司 氏 ・閉会挨拶 技建開発株式会社