3次元データ(3D)活用のための勉強会を開催しました

2020.06.10

当社の所属するM-CIM研究会から㈱補修技術設計様を招き、当社施工スタッフを中心に「橋梁耐震補強に関わる3次元データの活用」というテーマで、点群処理マネジメントシステム「Arena(アリーナ)4D DataStudio-J」の活用方法について製品勉強会を開催しました。 他にも、ハンディスキャナーで撮影した点群データからCAD作画の半自動化についてのお話や、写真から3Dモデルを作成できる「Zephyr」の活用方法など、橋梁補修や耐震工事における、現場作業の省力化の提案など、実際の現場にある問題点・改善点に即した話を聞くことができました。