施工現場見学会を行いました(岡山県コンクリート診断士会)

2018.12.14

当社が会員となっている岡山県コンクリート診断士会で、第2回現場見学会が開かれました。

場所:百間川加工水門管理橋(岡山県岡山市南区)
参加者:22名

百間川河口水門のうち、西側に位置する水門は昭和43年に完成した昭和水門、東側に位置するのは
平成27年に完成した平成水門です。昭和水門は建設後49年が経過しており、
当初の設計荷重TL-14からA活荷重に対応すべく耐震補強を行うための工事を施工となります。

当社が元請で施工中の現場のため、発注者である国土交通省河川事務所との事前協議の上、
岡山県コンクリート診断士会の皆様をお招きしました。

本橋にはすでにシラン系含浸材が塗布されており、付着力確保のために事前に樹脂を塗布するなど、
少し特殊な環境下での施工となっており、見学内容は鋼板接着工・炭素繊維接着工・支承取替工の3工種がメインとなりました。

炭素繊維メーカーによる詳細な製品説明、当社施工スタッフによる施工上の質問点への的確な回答など、

長時間にわたり活発な見学会を行うことができました。


岡山県コンクリート診断士会