国交省 中国地整からの受注で首位に輝きました

2020.09.14

2019年度の国土交通省の橋梁補修工事において、当社が中国地整からの受注で首位に立ちました


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
「昨年度(2019年度)の国交省の補修工事のうち、近畿から西のエリアでは

中国地整の発注が約69.7億円で最大だった。(中略)受注が10億円を超えたのは

近畿、中国、四国の3地整でそれぞれ1位の企業、計3社のみだった。」

「最大の中国地整では岡山および広島管内で2~3億円規模の案件が多く

爪崎高架橋、旭川大橋、道口高架橋などで耐震補強工事が出された。」

(橋梁新聞 2020年9月11日 第1435号より)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


非常に輝かしいことではありますが、請負者としての責任の重さを痛感しております。


インフラメンテナンスの需要がますます高まるこれからの社会において、

インフラ基盤を支えるという重大な使命をもって、これからも日々の業務に携わりたいと思います。